しょっぱい、酸っぱいを表現できない?!  子どもの味覚と言葉が危ない!2歳からの食育のススメ

 
塩、砂糖、酢、醤油、レモン、リンゴ、、、

口に入れた時に子供たちは、、、さて何て言いますか?

味覚のワーク3つ。
味がわかるか、言葉で表現できるか、匂いを表現できるか。

もちろん毎日の食事、会話が大きく影響するわけです。
まず、そのものを味見。

お酢で顔をしかめ、

塩でまたしかめ、

醤油は繰り返し味見、、、みんな好きみたい✨

実物を味わった後は、

水で薄めてなめていきます。

簡単な塩から手に取ったのですが、、、、、、。

表現が合ってない?言葉にならない?顔しかめるだけ?何だ?良くわからない、、、

人生初体験で終始目がイキイキキラキラしている子どもたち。

でも、なかなか言葉が出てこない。

2歳からの食育もっとも大事なのは、

多くの味を経験し、

言葉に表現する、そしてそれを真似できることかな。

食べなきゃ、知らなきゃ、言葉にできないですから。

いちいち私の様子や言葉に子どもたちは大盛り上がり、、、。

意図して蹴り返す私、これで味覚も表現も嗅覚の楽しみも育てている実感あります。

日本語は味覚を表す言葉も豊かです。

秋です、食卓の実況中継をしてみませんか。
昨年は、砂糖がわからない子供達が多かったのですが、、普段、人工的な甘い物のとりすぎ?味の濃い食べ物の取り過ぎでしょうか。

味覚も語学も健康もセンスも、、、、っていっぱいですが、、笑

親からのプレゼントです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s