Welcome to Ori academy!

 入室1ヶ月の3歳児
学びの意欲が噴き出している動画⭐️
子どもの「その時」に習得しなければならない能力を最大に引き出す指導です。
体験に参加するだけでも、
子どもが変わった!とご評価頂いています。
その理由は、
お子さんの様子から、
今までにどのような良い経験、習慣をもって、「キラっ」と光るものを発しているのか、
また、どのようなことを得られなかったのかを判断しお教室の時間中に丁寧にそれを埋めていきます。
すると、子どもが自ら「やりたい!」という気持ちを溢れさせるようになるのです。
幼児教育を始めて12年、このような判断を瞬時に行い、そのときの子どもへの最適な支援を行ってきました★
だから、この集中、好奇心、忍耐力を引き出せます。
モンテッソーリ教育をベースに、
モンテッソーリ教育ではやらないことを含めてカリキュラム化しました。
0歳から6歳までの子どもの発達を支援し、
しつけ、日常生活、自己への関心、環境への配慮、感覚教育、運動、学び(言語、算数、社会、理科、文化など)
を育て、学びのエネルギーを吹き出させます。
ORIアカデミーでは毎日育児相談にものっています★
クラスの、

お問い合わせは yasuko@connectlinkcorp.comまで

通信教育も申し込めます💫お問い合わせください。

↑ORIアカデミーの様子、育児のヒント動画

ORI ACADEMY STEAM Summer Camp レビュー その1

ヤりたい時が教える時と言うのがORI親子アカデミーのORIワードとして親御さんにお伝えしている言葉です。

親は子供がやりたいと思うような環境を整えるのが仕事ですから、

やりたいと言われたら心の中では、
よしきた!と言う掛け声でむかえたいものです。
もう少し詳しく言うと、幼児期と言うのはその年齢で敏感になり鍛えたいと思う体の動きや五感などがあります。

この時期にやりたいと思う動きを習得することが、

やれる力を

つけるのに最も効率的 に習得ができるタイミングとなります。
例えばを教室では俳句や 詩などを暗唱するのですが、

暗証を最も楽しめる時期と言うのが2歳半から3歳半ぐらいです。

最もこの時期に暗唱を始めた子供はずっと暗唱が好きだったりします。

ですからいろんな ことを暗記できるように なった 幼児期に九九なども一緒に覚えてしまうのが最も簡単に記憶できるということになります。

妊婦、0歳、1歳、親子クラス受付中。

2歳児の簡易アセスメント、入室クラスわけ面談、10月入室生受付中。

詳しくは

こちらから

ORI メソッド式 育児クイズ大会 8月26日土曜日12:30〜2:30 San Joseミツワから5分


育児講座

ORIメソッド式
育児クイズ大会


日時:8/29土曜日12:30から2時間

受講料:$40、

ベビーシッター希望は1人$20

在室生の親御さんもいらっしゃるので、お教室の様子も聞けます!

グループに分かれて、育児クイズを解いていきます。優勝チームには素晴らしい副賞が?!

お申込みは、こちらから!

問題例

1,洗面所をいつもびしょびしょにしてしまうので叱ってしまう。さて、どうする?

2,おねしょをしてしまうのに、おねしょシーツを使いたくないと言う、さあ、どうする?

3,自分で洋服を選びたがり、当日の予定に合わないドレスなどを選ぶ。さて、どうする?

4,書くことに意欲が出てきたが、壁にも書いてしまう。さて、どうする?

5,雨の日にカッパでなく傘をさしたがりびちゃびちゃに。さて、どうする?

6,ついつい、はやく!いそいで!!と、言ってしまう。さて、どつする?

7,子供が出来ないとだまっていられずイライラして、それが子供に伝わってしまい関係が悪くなる。さて、どうする。

8,子供が自分の言うことを聞かなくなってしまった。さて、どうする?

9,朝着替えているときに、ズボンに両足を入れて人魚、と言って遊んていたりするのをついつい叱ってしまう。こんな時どうする?

10,自分で着替えや食事などできるのにつかれているといったり、
どうやったらいいかわからない、などと泣き叫ぶ。さて、どうする?

11,何度練習をしてもコップに水を入れられない。さて、どうする?

12,料理を手伝いたいのに遊びになってしまう。

13,日本語や英語の本を読みたがるようになったが、全くめちゃくちゃに読む。さて、どうする?

14,お迎えに行くと今日やったことを全部説明したがる、さて、どうする?

15,お風呂の準備から終了まで時間がかかる。さて、どうする?

16,歯ブラシ、うがいができない。さて、どうする?

17,食事の姿勢がわるい、さてどうする?

18,急がせるために靴(洋服の着替えなど)をはがせるのをできるのに手伝っていたら、自分でやらなくなってしまった。さて、どうする?

19,子供の友達がやっている難しいことを我が子にもやらせようとして、やってみたら? ○○にもできるよ、などと声をかけてしまったら、できることしか挑戦しなくなってしまった。さて、どうする?

20,いつでも書けるようになんてなると思っていたら、4歳にもなるのに自分の名前をひらがなでかかせても、フニャフニャな線しかかけません。さて、どうする?

21,ドリルの迷路をやらせても、手が止まってしまうと口を出してしまったら、自分で考えなくなってしまった。さて、どうする?

22,なんでも聞いて自分で考えなくなってしまった。さて、どうする?

23,園やお教室で気持ちよく別れられない。さて、どうする?

24,難しい教具に挑戦しない。さて、どうする?

25,自分の親友の子が我が子をたたきます。さて、どうする?

26,友達に影響されて、暴力的な遊びや言葉遣いをするようになってしまった。さて、どうする?

27,ままともに博物館に誘われました。我が子の大好きな恐竜展。さて、どうする?

28,夏に日本に1ヶ月帰省したら集中する時間が短くなりました。さて、どうする?

29,嘘をつくようになりました。さて、どうする?

30,友達をぶってしまいます。さて、どうする?

腕の力が強い子は、心も強い!

サマーキャンプ、フルデイのお子さんは夕方は外遊び。
知らなければ選べない!

を、モットーに3歳から

日本の小学校の教科書を読み聞かせ音読し始めるORIアカデミーでは、

実は運動も 重要視しています。
1日2時間の外遊びと月に1回の 頑張る系のハイクを 推奨しています。

幼児期に開発すればあっという間に習得できる運動能力があります!

躾も運動も学びも、

適切な幼児期に行うことで 子供は難なく身に付けることができるのです。★お子さんの様子がご家庭でも急に変わったので親御さん達が驚く夏の日々となりました。
子供がやりたいと思うことをやるので意欲をすりきれさせることはありません。
誤りの訂正も、

自らできる仕組みのカリキュラムで徹底的に自信を育てます!
ORI親子アカデミー

10月入室 2歳児入室面談受け付中

詳しくはこちらから

ORI ACADEMY Last of STEAM Summer Camp 8/2017 自分で考えて選ぶ心根と学力が伸び、体力もつきました〜

お子さんの様子がご家庭でも急に変わったので親御さん達が驚く夏の日々となりました。

子供がやりたいと思うことをやるので意欲をすりきれさせることはありません。

ORI親子アカデミー

10月入室 2歳児入室面談受け付け中

こちらをクリック

San Joseミツワ近くでプレイデート!テーマ:そろそろ、ルールのある身体を使ってするゲームを!

ORIアカデミープレイデートのお知らせ

お教室に通われている親御さんから夏の公園でのプレイデートを継続したいというお申し出を頂きまして、

毎月最終土曜日6時から実施したいと思います!

ORI ACADEMYの本気プレイデートにご一緒されたい方はご連絡ください!
場所はSan Joseミツワから5分の公園です!
夕ご飯は持ち寄りでなく、会費制のほうが楽だということで何回か私が幹事をしたら順番に買い物係を回しますね。

会費はひと家庭、$40とします。
初回は8月26日土曜日6時から
楽しいお食事後、
☆子供対抗リレー大会

☆親対抗リレー大会

☆親対抗バスケットボール大会

(大きい子も入ります)

☆親対子、対抗ドッチボール

☆だるまさんがころんだ

☆花いちもんめ

☆カンケリ

☆手つなぎ鬼

☆氷鬼

☆うんてい

☆上り棒

などなど動ける限り!
自由解散、、、です。
もちろん、

その場で、

育児指導実践、、、

あるかも!?
子供達のことをみたり、子供たちに一生懸命なところを見せたいので、育児相談は特に予定していません🤣
家族イベントなので、お子さんは各自ご家庭でみてください。
※ 私達は6時まで授業があるため 6時5分ぐらいの到着となりますが、早めにいらして、アップ?!してくださっていてもかまいません!
プレイデートテーマ
そろそろ、

ルールのある身体を使ってするゲームを!

★ORI親子アカデミー、大好評!ママナイト 7月29日土曜日6時から サンノゼミツワ5分

★ママナイト
大好評、いつもは言えない、今晩ここだけの話
みんなにも内緒ね、その2
申し込み締め切りは7月15日
7月29日土曜日6:00pm
ORI親子アカデミー
ミツワから5分
$40(オーガニック、マクロビオテック軽食付き)
オンラインでの参加は$20
大好評、いつもは言えない、今晩ここだけの話
みんなにも内緒ね、第二弾!!

1, 私が見てきた子供たち
秀でる子はここが違う
できない子に育ててしまう の親はここが同じ
没頭できることを見つける 力を持っている子とは、親とは

2,アメリカの学校と日本の学校の大きな違い
日本で育ったママが陥りやすい落とし穴とは?
どうする、学校選び
学校が始まってから親がすべきこととは
選んだ後に親がし続けるべきこととは
キンダーや小学校のどこで分かれ道があるのか
「先生の言うことを聞いてはいけない」?
「学校の宿題をやってはいけない」??
「成績表を信じてはいけない」???

3,全米屈指の進学校、ハーカースクールが作ったプリスクールとは?
何をやっているのか
どんな教具があるのか、などを紹介しながら、

「プリクスールに何を求めるのか」について

※お子さんの同伴はご遠慮くださいませ。
※お申し込み後の返金はいたしかねます。

お申し込み、お問い合わせはこちら 

↓お教室での様子をアップしています。

ORI親子アカデミー
サイト https://oriacademy.com/
ベイスポ 取材記事 http://www.bayspo.com/cgi-bayspo/kurasu/kurasu.cgi?k=172&w=

FB
https://www.facebook.com/Yasuko.wata
https://www.facebook.com/oriacdemy

twitter
https://twitter.com/oriacademy

instagram
https://www.instagram.com/oriacademy/

blog
https://oriacademytoday.com
https://kodomokitchen.com/

IMG_1258

★ORI親子アカデミー通信 凡時徹底 365 その1子どもが運転しているバスはなあに?

★ORI親子アカデミー通信 凡時徹底 365 その1

子どもが運転しているバスはなあに?

ORIアカデミーに通っていらっしゃるお母様お父様方であれば、
子供にはその年齢で 身につけなければならないこと、経験しなければならないことがあるという事を既にご存知かと思います。

幼児教育ではよく用いられるたとえですが、 最終バスに乗り遅れると言い方があります。

最終バスに乗り遅れると目的地に到着するまでにバスに乗るよりも多くの困難を 経験する場合があります。
想定以上に時間がかかってしまったり、 費用がかかってしまったり、
大幅に遠回りをしなくてはいけなくなったりします。

これはとても子育てに 似ていまして、
今 身につけるべき時に行えば とてもスムーズに簡単に身に付けられるものが、 そのタイミングを逃してしまったがために母子ともに 衝突し合いながら身につけていくなんてことが起こってしまいます。

私は、
ORIメソッドを考えるときにこれらの 現場から年齢をいくつかに分類いたしました。

まず0歳。
0歳は人生で一番成長する時期だと言われていますが多くの大人は0歳は何もできないと思う ただ可愛がるだけの時間を過ごすことが多いです。
0歳こそ ワークを求めていると感じられると 全く違う子育てがそこから始まります。この時期は、全てがワークです。 意欲溢れる赤ちゃんに、 どれだけ良い環境や 話しかけをしてあげられるか の時期。

1歳、 母子が ぴったりとくっつきながら、時に離れながら、ワークをする 年齢となります。 毎日できることが増える子供にとっても驚きの日々。 至らない親はそろそろダメと言う言葉を使い始めます

2歳、 ここから子供は新たな成長フェーズに入ります。
このタイミングでORI親子アカデミーにご入室いただく方は
高速、正常式バス ​に 気がつかの間に 乗り込んでいることが多いです。
もちろん授業時間は週で数えてもたった数時間、 私からは家庭での過ごし方プリスクールの選び方などを ご指導しています。

3歳、 この年齢からそれまでの生活や環境により子供が行えることが大きく異なってきます。

バスに搭載されたエンジンは、
高速バス、普通バス、レイトバス
なのか、

そのバスのハントを握る運転手は、

正常式、逸脱式なのか、
我が子を見ればはっきりと今の状態がわかるはずです。

高速バス→ 意欲が溢れ、その意欲を支える為の 自分の思い通りに動かせる手足、 自分の気持ちをコントロールできる心、 ワークをアウトプットする学力が、 バランスよく伴い運転されているバスです。

普通バス→ 上記のいずれかが足りず 高速道路に乗れていないバス。

レイトバス→ 過去に経験しておかなければならなかった、身につけておかなければならなかったことがたくさん山積みになっていて、 まだ早く走ることができないバス。

正常式→正常とは異常という言葉の反対という意味ではなく、こどもの「本来の姿」という意味です。
初めてORI親子アカデミーにくるお子さんには落ち着きがない、物を投げたりお友達にも乱暴に振る舞う、無気力で発言したり選べない、などの問題をもっている場合があります。

そのこども達が、毎週お教室で、また、こちらでご指導した「ワーク」の出来る環境を自宅につくりするうちに、時に少しづづ、もしくは突然子どもが変わります。
すでに、経験済みの親御さんもいらっしゃると思います。

子どもが今までに見られないような穏やかさをもち、自分のペースで選び生きて、自分のやりたいことを自覚し意欲的に実現出来る様子を私たちは「正常化された」と言います。
もちろんこの状態に一度なったからずっとその状態にあるというわけではないことは説明するまでもないと思います、 常にその製造段階にあった環境と親の支援の仕方で子供は何時でも生常識から逸脱式にギアを切り替えます。

例えば後戻り育児、
思い込み育児、
不勉強育児などがこの原因となります。

逸脱式→落ち着きがない、ボーとして意欲的に取り組めない、など、正常化していない状態は、子どもの「本来の姿」が現れていない「逸脱した」状態といいます。
逸脱 だなんて少し強い言葉ですが、
子供の様子を見れば文字通り逸脱していると感じることでしょう。

子育ての醍醐味は私達がこのバスに乗り込みハンドルを握るわけにはいかないところです。
子供が自立し親から 離れていくまでは目的を定めるのは親の仕事です、
この目的地に向かいどのルートを通り 生活していくのかこれを考えるのも幼児期の子供にはできません。
逸脱している子供の場合高校生になってもできないでしょう。

さて目的地は決まってますか?
ルートは定めましたか?
バスの時刻表だけは 皆さんには決められません。
これは私達がコントロールできない生命の力によって定められています。

目の前のバス どんなバスでしょうか。

私は子供達みんな 高速バスに乗ってより多くの 経験をしたいと、そういう意欲的な気持ちを持っていると知っています。
ですから、親がのせたがってる高速バスには興味ありません。

子ども一人ひとりの特性を見抜き、
そのお子さん専用の
高速バス正常式に乗り換えるお手伝いが、私の仕事です。

(次回は、4,5,6,7歳以上について) (edited)